駐車場は多ければ多いほうが良い

こんにちは。4WD大家です。

物件を購入する際、駐車場の有無は物件概要等に記載されていると思いますが、特に地方物件ではほとんどの場合車社会であり、駐車場が無いと入居付けが難しい物件も多く存在します。
都心部などでは、車自体を必要としていない人が多いため、駐車場がいらない事も多いですね。

特に地方の物件であれば、購入される前に必ず近隣不動産屋に駐車場の数が入居付けにどう影響するのかヒアリングしましょう。一部屋につき二台分以上のスペースが確保できればかなり差別化できます。

しかし、そんな理想的な物件が最初から良い条件で売りに出されている事なんてほとんど無いですね。駐車場が必要な物件なのに駐車場が無い(もしくは足りてない)事により空室が続く物件もあります。

そんな時はどうにかして駐車場の確保をする事を考えます。方法としては以下が考えられます。

1.空きスペースを駐車場にする事ができるか検討する
2.近隣駐車場を借り上げる事ができるか交渉してみる
3.地方でも駐車場が必要ない人をターゲットにする

 

空きスペースの利用

土地を良く見回すと使ってない場所や本当に必要かどうか分からないモノがある事があります。草木が茂るスペースかもしれませんし、使われていない又は大きすぎる物置があるかもしれません。

駐車場必須の物件で、駐車場の数が足りて無くて空室が埋まらない物件の場合は、多少のコストを費やしてもスペースを作る努力が必要です。駐車場が部屋分確保出来ている物件でも、少しのコストで駐車場が増やせるなら是非増やすことを検討しましょう。特にファミリー物件の場合、1つの家族で1台より2台、2台より3台のスペースがあったほうが絶対に重宝されます。

駐車場の幅をギリギリまで小さく設計し直し、白線を引き直す事も出来るかもしれません。今ある駐車場の幅を確認して、狭くできるか検討してみてはいかがでしょうか。これはコストも労力もかかるため、売り主も面倒臭くてやりたがりません。ここに商機が見える事もきっとあるでしょう。
ちなみに、私が所有している物件も一部屋に1台の確保しかしていませんでした。この地域では共働きの夫婦も多いので、やはり2台あった方が良いと不動産屋さんからも言われていました。なんとか1台多く確保するため、今の空きスペースに自分で線を引きに今度行ってきます。自分で線を引くと言っても超簡単に数千円で出来る方法ですので、次線を引いた後にまた紹介しますね。

 

近隣駐車場

近隣駐車場の場所と値段を把握しておくのは非常に重要です。営業マンが物件を紹介する際に、周辺の駐車場情報を把握していることは稀です。そこで大家から周辺駐車場の住所と駐車場管理者の連絡先をマップ付きで渡しておけば、営業マンもすぐに最新空き情報を確認する事ができます。私は自分で作成したウェブページ上に周辺駐車場リストを掲載しています。
駐車場が現状で足りてない場合で、絶対に駐車場が無いと入居付できない場合は近隣駐車場を数台一括で借り上げてしまうのも1つの手です。数台分を借り上げるなら値段交渉も出来るかもしれませんね。長い目で借り上げる事を伝えれば、相手方にも空車になる確率が低くなりますし。

 

駐車場が必要無い人をターゲットにする

駐車場が必要ない人と言っても様々なケースがあります。
例えば、バイカー。車の駐車スペースは無いけど、バイク (又は単車)の駐輪スペースの確保が出来そうなら、そこをターゲットにしても良いでしょう。そこをピンポイントにして営業マンに入居付をお願いしましょう。
また、生活保護受給者は車は持っていないのでそこをターゲットにしたら駐車場は必要無いですね。私の物件では、法人関係が多いためか、異動で転勤になった方は車を持ってない事が多いです。
実践した事は無いですが、車をお持ちで無い方に自転車プレゼントといったキャンペーンをしてみても面白いかもしれませんね。どういった入居者をターゲットに出来るかは、物件の種類や立地によっても変わると思いますので、是非営業マンや管理会社と話し合って決めた方が良いですね。新しいアイディアが生まれるかもしれません。

 

駐車場について少し考えてみましたが、是非色々と出来る事を試してみると良いですね。
最初から十分な駐車場を確保している物件を購入出来るなら、それに越したことはありませんんが。。

 

最後までお読みただきありがとうございました。